皮脂の重要な役割

育毛シャンプーは頭皮の皮脂を取りすぎずに洗うことができるシャンプーです。
頭皮の皮脂は過剰ではいけませんが、少なすぎてもいけないものです。
皮脂にはいったいどのような役割があるのかを説明しましょう。

スポンサードリンク

皮脂とは、皮膚の表面で脂と汗が交じり合ってできる、薄い膜のことです。
この皮脂は、肌をなめらか、かつ、つややかに見せると同時に、皮膚から水分が必要以上に蒸発するのを防ぎます。
さらに皮脂の成分である脂肪酸は、細菌の感染を防止します。
皮脂が少ないと、皮膚はかさかさになり、敏感肌、皮膚炎の原因になってしまします。

頭皮は体の中で一番皮脂を出す腺が多い場所です。
なんらかの原因で皮脂が過剰になると、毛穴が詰まって脱毛につながります。
皮脂は脂なので汚れや古い角質と交じり合うと毛穴を詰まらせます。
それが、額や顔ならばニキビの原因となり、頭皮だと脱毛の原因にもなるのです。

健康な髪を保つには、この皮脂をうまくコントロールすることが大切です。
生活習慣を見直し、健康な体を作ることが、正常な皮脂の量を保ち、健康な髪を作ることにつながるのです。
過剰なシャンプーで皮脂を取りすぎてしまうと、逆にそれを補おうと過剰な皮脂の分泌にもつながります。
洗髪の際は、皮脂を取りすぎないように気をつけてください。

年齢によっても皮脂の分泌量は変わります。
自分の肌の状態を把握し、その状態に合った育毛シャンプーを使い、健康な頭皮を保ってください。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

秋の抜け毛
秋は抜け毛で悩む人が多いと言われますが、その原因は、じつは夏にあります。 夏は1......
日本毛髪協会
2001年12月4日に、毛髪業界のさらなる発展を目指して日本毛髪業協議会が設立さ......
くせ毛の原因
くせ毛は、直毛と比べて毛穴が頭皮の中で少しカーブしていて、毛根部分はその毛穴の曲......
植毛
植毛というのは、育毛とも発毛とも違います。 植毛とは、読んで字の通り、毛を、毛が......
ヘナ商品でのトラブル
ヘナは植物染料です。ミソハギ科の低木であるヘナを使用した染毛料には、葉を乾燥・粉......
ヘアーカラーリングのかぶれについて
ヘアーカラーリング剤の、医薬部外品にあたる染毛剤である白髪染めやおしゃれ染めなど......
ヘアーカラーリングの種類
せっかく育毛シャンプーを使って髪をいたわっている人なら、ヘアーカラーリングに対し......

▲このページのトップへ