ヘアーカラーリングの種類

せっかく育毛シャンプーを使って髪をいたわっている人なら、ヘアーカラーリングに対してもその種類や髪への影響を知っておきましょう。

スポンサードリンク

ヘアーカラーリング剤には医薬部外品にあたる染毛剤と、化粧品に分類される染毛料があります。
毛髪中で化学反応を伴い発色するものは薬事法で医薬部外品の染毛剤とされていて、酸化染料の量は有効成分ごとに使用時の上限濃度が設定されています。
酸化染料と、半永久染毛料に使われている酸性染料は別のもので、説明書きを見る際に注意が必要です。

染毛剤は永久染毛剤と脱色剤・脱染剤に分けられます。
永久染毛剤はさらに、酸化染毛剤・非酸化染毛剤に分かれます。
酸化染毛剤はヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、おしゃれ白髪染めなどで、一度でしっかり染めあがり、2~3ヶ月色持ちします。
主成分の酸化染料が毛髪中に浸透して、酸化した染料が毛髪中で結びつき発色し、色を定着させます。
人によっては配合染料でかぶれる可能性があるので、必ず毎回使用前にパッチテストが必要です。

非酸化染毛剤は、かぶれやすい人が白髪をしっかり隠すもので黒っぽい色のものしかなく、明るい色にはできません。

脱色剤は、毛髪の天然色素(メラニン)を脱色するもので、ヘアブリーチ、ヘアライトナーのことです。
脱染剤は、毛髪の天然色素(メラニン)・染毛による毛髪中の定着した色を脱色するもので、通称はデカラライザーです。
脱色剤・脱染剤は酸化染料が配合されていないので、かぶれることはほとんどありません。

染毛料は、半永久染毛料・一時染毛料に分けられます。
半永久染毛料はヘアマニキュアやカラーリンスで、色持ちは2~3週間です。
ヘアマニキュアは、1度の使用で酸性染料の一部が髪の内部まで浸透し染毛します。
カラーリンス、カラートリートメントは使用していく間に酸性染料が髪の表層部に徐々に浸透して髪を染めていきます。
ただし、永久染毛剤ほどの染着力はなく、毛質によっても異なります。

一時染毛料は洗髪などによって流れ落ちるヘアカラースプレーなどのことです。
着色剤を毛髪の表面に付着させ、一時的に毛髪を着色します。

このようにカラーリング剤には様々なものがあり、かぶれなどのトラブルも多くあります。
必ず、説明書きをよく読んで髪の状態に合わせて使用してください。
育毛シャンプーなどと同様、髪に対する影響を知るのはとても大切なのです。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

秋の抜け毛
秋は抜け毛で悩む人が多いと言われますが、その原因は、じつは夏にあります。 夏は1......
皮脂の重要な役割
育毛シャンプーは頭皮の皮脂を取りすぎずに洗うことができるシャンプーです。 頭皮の......
日本毛髪協会
2001年12月4日に、毛髪業界のさらなる発展を目指して日本毛髪業協議会が設立さ......
くせ毛の原因
くせ毛は、直毛と比べて毛穴が頭皮の中で少しカーブしていて、毛根部分はその毛穴の曲......
植毛
植毛というのは、育毛とも発毛とも違います。 植毛とは、読んで字の通り、毛を、毛が......
ヘナ商品でのトラブル
ヘナは植物染料です。ミソハギ科の低木であるヘナを使用した染毛料には、葉を乾燥・粉......
ヘアーカラーリングのかぶれについて
ヘアーカラーリング剤の、医薬部外品にあたる染毛剤である白髪染めやおしゃれ染めなど......

▲このページのトップへ