抗がん剤と脱毛の関係

抗がん剤と脱毛の関係についても説明しましょう。
抗がん剤治療や、頭部手術で髪を一時的・部分的になくすことは精神的ダメージが大きいものです。

スポンサードリンク

がん細胞は分裂・増殖の速度が速いため、抗がん剤は分裂の速い細胞を攻撃するように開発されています。
体の中にはがん細胞よりも分裂の速い、血液細胞、胃腸の粘膜、口腔粘膜、毛根の細胞などがあります。
そのため大量の抗がん剤投与で正常な細胞にダメージが起こります。抗がん剤はがん細胞だけ攻撃するわけではないのです。
抗がん剤での脱毛は、このような理由で正常な毛根の細胞がダメージを受けて起こります。

脱毛は多くの場合、抗がん剤投与から2~3週間後に始まります。
治療終了後3~6ヶ月で髪が生えてきますが、自由に髪をセットするにはさらに時間が必要です。
脱毛の範囲は、全体的、部分的、もしくは全く脱毛のない場合もあります。
また、脱毛は毛髪だけでなく、体毛や眉毛、まつ毛などでも起きる場合があります。

脱毛は病気の進行ではありません。
薬が病気を攻撃している証であるとの心の準備が大切です。

そして、このような脱毛の不安を解消するのが医療用のかつら・ウィッグです。
医師から予想される脱毛や抜け毛の程度の説明を受け、必要ならばかつらの購入を考えましょう。

脱毛対策として、育毛シャンプーや育毛剤などがありますが、抗がん剤の脱毛では帽子や医療用かつらなどが必要となります。
体が回復し元気になった時には、育毛シャンプーなどでしっかりと髪をケアしてください。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

かつらのケア方法
かつらの痛みをおさえ、できるだけ長く使用できるように、ケアの方法を知りましょう。......
かつら・ウィッグの種類
お洒落として楽しむものから、薄毛対策のもの、医療用など、かつら(ウィッグ)には様......
育毛と増毛の違い
育毛と増毛は、どのように違うのかを説明しましょう。 育毛は、現在生えている髪にハ......
女性用育毛剤と男性用育毛剤の違い
男性用育毛剤が、皮脂の洗浄効果を高めている商品が多いのに対し、女性用育毛剤は、多......
人気のある女性用育毛シャンプー
現在人気が高まっている、女性専用や女性向けの育毛シャンプーにはどんなものがあるの......

▲このページのトップへ